上手にデトックス!炭水化物を抜いて体を元気にする

白米、食パンといった主食を中心に炭水化物といわれるものは徹底して排除していきます。おやつ類も、菓子パンやケーキは言うまでもなく、せんべいやお団子も抜きます。
炭水化物抜きダイエットを始めたいからといって、いきなりは抜きません。徐々に減らします。そうでないと、体にダメージがかなりかかってしまうからです。炭水化物抜きを始めようと思ったら、炭水化物を抜く2日前から準備します。
まず1日目の朝は普通に食事をします。お昼はご飯を朝より柔らかめに炊いて食べます。その日の夜はさらに柔らかく炊いて食べます。お昼から夜にかけて副菜となるものを増やしていきます。
2日目の朝はデトックスしていきます。リンゴを蒸したものをヨーグルトに添えて食べます。野菜もあるといいでしょう。お昼はどろどろのお粥と副菜を食べて、夜は朝と同じメニューを食べ、翌日からダイエットスタートです。3日おきに2日目のメニューを取り入れて調整します。

2. 炭水化物抜きダイエットで得られる効果は?
炭水化物は糖質を抜いてのダイエットなので、体重は一気に減ります。さらに、炭水化物の変わりに野菜をたくさん食べるためにビタミンを豊富に体に取り入れることができます。風邪予防だけではなく、美肌効果も期待できます。
炭水化物は食べた分、不必要な部分を運動してエネルギーに変えて排出しないと脂肪がついてしまいます。なので、適度な運動が必要とはいえ職種によってはなかなか時間を取るのは難しいという方にも簡単に体重を落とすにはいいでしょう。

3. 炭水化物抜きダイエットのデメリット
エネルギー源となる炭水化物を抜くことで、やる気が起きなくなったりここ一番で頑張らなければならないときに体力的な面で力が出ないというデメリットがあります。
また、炭水化物はブドウ糖に変わるので脳を働かせるためには必要な栄養素です。ブドウ糖は体内で生成されないので外から取る必要があります。ですが、炭水化物を抜いてしまうとブドウ糖は摂取できないので脳にダメージが及ぶことになってしまいます。
体重は一気に減らせますが、生活に大きく影響してしまうのがデメリットです。

4. 炭水化物抜きダイエットについて思う事を自由に書いてください
炭水化物抜きダイエットは、一気に体重を減らしたい方にはぴったりなダイエットといえます。しかし、抜いた食事をずっと続けるというのは難しいです。ご褒美に一つケーキでもといった日にはそれまで体になかった栄養なので、体自体は一気に欲してしまうのです。
炭水化物を抜いたから、安心とそれを繰り返していると、目には見えない内臓脂肪が溜まっていることには気がつけないでしょう。
体重はたしかに落ちていくダイエットではあると思いますが、それが健康的かといえば違うのではと感じます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*