少しづつ糖質を抜く事で安全にダイエットができる

ご飯、パン、麺類を主とした炭水化物(糖質)を含む食品を摂取しないように献立を考えて食事します。炭水化物を食べない分はタンパク質を含む食品の肉や魚・野菜を多く食べて補うようにしていきます。じゃがいもやさつまいも等のいも類も炭水化物ダイエットでは食べないようにしなければなりません。お酒やお菓子はもちろん炭水化物ダイエットの時には摂らないようにします。いきなり全食事から炭水化物を抜くのではなく、段階的に1日1食だけ炭水化物を抜くやり方から始める場合が多いです。

得られる効果は?

炭水化物を摂らないことによって、体に蓄えられている脂肪を燃やしてエネルギーに変換するため、ダイエット効果があると言われています。さらに炭水化物を抜くと血糖値の上昇が緩やかになるため、血糖値コントロールをすることでインスリンの過剰分泌による脂肪の溜め込みを防いでくれます。脂肪を溜め込みにくくすると、肥満になりにくくなるため、ダイエット効果を得られます。炭水化物を摂らないことでカロリーを抑えられます。

 炭水化物抜きダイエットのデメリット

炭水化物は脳や神経のエネルギーの素です。極端に炭水化物が不足すると、集中力が続かなくなったり体が疲れやすくなり体の免疫力が低下してしまう場合があります。その状態を続けると、日常生活に支障をきたす危険性があります。完全に炭水化物を抜いてしまう食事はストレスもたまりやすく、リバウンドしてしまう危険性も出てきます。特に炭水化物には依存性があるので、炭水化物抜きに慣れていないと食事をしても満腹感が出ず、我慢できなくなってしまいリバウンドが起こる可能性があります。

まとめ

最初から完全に炭水化物を抜くのではなく、段階的に抜いていかないと体への負担も出てくるので、このダイエットを行うとしたらある程度計画的に行う必要がありますし、生活に余裕とお金がないと厳しいと思います。炭水化物の米・パン・麺類は安いので食事のバリエーションに組み込みやすいため、それを抜いて献立を考えるのには意外と苦労しそうだと思いました。特に肉と野菜の価格が高い時期にやるのは家計的にも負担が大きいように感じます。

エルフィングの効果と口コミ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*