2018年 3月 の投稿一覧

少しづつ糖質を抜く事で安全にダイエットができる

ご飯、パン、麺類を主とした炭水化物(糖質)を含む食品を摂取しないように献立を考えて食事します。炭水化物を食べない分はタンパク質を含む食品の肉や魚・野菜を多く食べて補うようにしていきます。じゃがいもやさつまいも等のいも類も炭水化物ダイエットでは食べないようにしなければなりません。お酒やお菓子はもちろん炭水化物ダイエットの時には摂らないようにします。いきなり全食事から炭水化物を抜くのではなく、段階的に1日1食だけ炭水化物を抜くやり方から始める場合が多いです。

得られる効果は?

炭水化物を摂らないことによって、体に蓄えられている脂肪を燃やしてエネルギーに変換するため、ダイエット効果があると言われています。さらに炭水化物を抜くと血糖値の上昇が緩やかになるため、血糖値コントロールをすることでインスリンの過剰分泌による脂肪の溜め込みを防いでくれます。脂肪を溜め込みにくくすると、肥満になりにくくなるため、ダイエット効果を得られます。炭水化物を摂らないことでカロリーを抑えられます。

 炭水化物抜きダイエットのデメリット

炭水化物は脳や神経のエネルギーの素です。極端に炭水化物が不足すると、集中力が続かなくなったり体が疲れやすくなり体の免疫力が低下してしまう場合があります。その状態を続けると、日常生活に支障をきたす危険性があります。完全に炭水化物を抜いてしまう食事はストレスもたまりやすく、リバウンドしてしまう危険性も出てきます。特に炭水化物には依存性があるので、炭水化物抜きに慣れていないと食事をしても満腹感が出ず、我慢できなくなってしまいリバウンドが起こる可能性があります。

まとめ

最初から完全に炭水化物を抜くのではなく、段階的に抜いていかないと体への負担も出てくるので、このダイエットを行うとしたらある程度計画的に行う必要がありますし、生活に余裕とお金がないと厳しいと思います。炭水化物の米・パン・麺類は安いので食事のバリエーションに組み込みやすいため、それを抜いて献立を考えるのには意外と苦労しそうだと思いました。特に肉と野菜の価格が高い時期にやるのは家計的にも負担が大きいように感じます。

エルフィングの効果と口コミ

上手にデトックス!炭水化物を抜いて体を元気にする

白米、食パンといった主食を中心に炭水化物といわれるものは徹底して排除していきます。おやつ類も、菓子パンやケーキは言うまでもなく、せんべいやお団子も抜きます。
炭水化物抜きダイエットを始めたいからといって、いきなりは抜きません。徐々に減らします。そうでないと、体にダメージがかなりかかってしまうからです。炭水化物抜きを始めようと思ったら、炭水化物を抜く2日前から準備します。
まず1日目の朝は普通に食事をします。お昼はご飯を朝より柔らかめに炊いて食べます。その日の夜はさらに柔らかく炊いて食べます。お昼から夜にかけて副菜となるものを増やしていきます。
2日目の朝はデトックスしていきます。リンゴを蒸したものをヨーグルトに添えて食べます。野菜もあるといいでしょう。お昼はどろどろのお粥と副菜を食べて、夜は朝と同じメニューを食べ、翌日からダイエットスタートです。3日おきに2日目のメニューを取り入れて調整します。

2. 炭水化物抜きダイエットで得られる効果は?
炭水化物は糖質を抜いてのダイエットなので、体重は一気に減ります。さらに、炭水化物の変わりに野菜をたくさん食べるためにビタミンを豊富に体に取り入れることができます。風邪予防だけではなく、美肌効果も期待できます。
炭水化物は食べた分、不必要な部分を運動してエネルギーに変えて排出しないと脂肪がついてしまいます。なので、適度な運動が必要とはいえ職種によってはなかなか時間を取るのは難しいという方にも簡単に体重を落とすにはいいでしょう。

3. 炭水化物抜きダイエットのデメリット
エネルギー源となる炭水化物を抜くことで、やる気が起きなくなったりここ一番で頑張らなければならないときに体力的な面で力が出ないというデメリットがあります。
また、炭水化物はブドウ糖に変わるので脳を働かせるためには必要な栄養素です。ブドウ糖は体内で生成されないので外から取る必要があります。ですが、炭水化物を抜いてしまうとブドウ糖は摂取できないので脳にダメージが及ぶことになってしまいます。
体重は一気に減らせますが、生活に大きく影響してしまうのがデメリットです。

4. 炭水化物抜きダイエットについて思う事を自由に書いてください
炭水化物抜きダイエットは、一気に体重を減らしたい方にはぴったりなダイエットといえます。しかし、抜いた食事をずっと続けるというのは難しいです。ご褒美に一つケーキでもといった日にはそれまで体になかった栄養なので、体自体は一気に欲してしまうのです。
炭水化物を抜いたから、安心とそれを繰り返していると、目には見えない内臓脂肪が溜まっていることには気がつけないでしょう。
体重はたしかに落ちていくダイエットではあると思いますが、それが健康的かといえば違うのではと感じます。

糖質制限で摂取カロリーを減らす

単純に生活の食事から炭水化物を抜くだけのダイエットです。炭水化物には、お米などの主食以外にジャガイモなどの根菜類も含まれます。

炭水化物を食べなければ、お肉やお魚、野菜などは何を食べてもOKなダイエットです。

炭水化物抜きの場合、甘いものも食べてはいけない場合が多く、糖質制限ダイエットと似ているとも思えます。

炭水化物を抜くことで、お酒も同時にやめると効果的だと聞いたこともあり、結果的にやはりカロリーカットが大切です。

炭水化物抜きダイエットで得られる効果は?

摂取カロリーや糖分が大幅に抑えられるため、体重が感動するほどみるみる減っていきます。

また、糖尿病の人、糖尿病予備軍の人も数値が正常値に戻ることもあるそうです。私のこ場合は、顔がかなり痩せ、小顔になりました。

足の太さに悩み続けてきた20年間ほどが嘘のように、ふくらはぎ、太ももともに細くなり、サイズはワンサイズダウンしました。

すぐに効果が数字で現れるので、ダイエットが成功したことに自信を持てるようになります。

炭水化物抜きダイエットのデメリット

炭水化物を抜くことで、体調が悪くなる人が多いようです。

頭痛や目眩、吐き気など炭水化物に含まれている栄養分が不足するために起こると言われいるようです、また体重が減る分、トレーニングしない場合はかなり筋肉量が落ちます。

筋肉が減り代謝が落ちることから、かなりの確率でリバウンドしやすくなります。

炭水化物抜きダイエットをしてから、少し食べただけで太りやすくなったという人もかなり多く、過食症となる人もいるみたいです。

まとめ

炭水化物が嫌いな人にとっては、苦にならずリバウンドもしにくいダイエットかもしれません。

ただ白米が好きな方、パンが好きな方はリバウンドをしてもいいと思う人以外はやってはいけないダイエットのような気がします。

短期で体重は落ちますが、顔が痩せこけたり拒食症、過食症になる可能性もある炭水化物ダイエットは、ある意味危ない薬のような中毒性があるのではないでしょうか。

痩せたからだをキープするのは、炭水化物抜きダイエットだけでは困難です。

 

炭水化物抜きダイエットでマイナス5キロに成功!

パンや白米、
パスタ、うどん、そばなどの麺類
ケーキやクッキーなど穀物が原料のもの、
さつまいもやじゃがいも、里芋などの
芋類など炭水化物を含む主食や野菜などを
完全排除もしくは控えることで減量を
するというのが炭水化物ダイエットの目的です。

いきなり炭水化物を抜いてしまっては
体が慣れないので徐々に減らしましょう。
三食のうち一食、ごはんのかわりに
豆腐や湯がいて切ったこんにゃくやしらたき
リンゴ一個やバナナ2本など
主食の代替えとなるものを食べるようにします。

それを二食、三食と時間をかけて行い
慣らしながら進めましょう。

炭水化物抜きダイエットで得られる効果は?

炭水化物には糖質が多くはいっています。
糖質は脂肪に変わりやすいといわれますので
これらの摂取量を控えることによって
ダイエット効果が得られるのです。

とくに糖質を減らすということは
お腹周りの脂肪に効きます。
ぽっこりお腹に悩む方は炭水化物ダイエットに
挑戦してもらいたいです。

また、体の倦怠感にも炭水化物ダイエットは
よい影響をもたらすともいわへます。
最近疲れやすいと思う人や、
なんとなく毎日体がだるいという人にも
おススメです。

デメリット

炭水化物ダイエットの危険な面があります。
それはほとんどの主食が炭水化物をふくむ
食品なんだというところです。
主食はわたしたち人間の原動力ともいえます。
糖質を減らすと体の力が湧いてこなかったり、
頭がボーッとしてしまったりという
からだの変化があることでしょう。
また、かなり即効性のあるこのダイエット。
体重もみるみる落ちる方も多いようですが、
人によって合う方と会わない方も
居ますので
きちんと見極める必要があると思います。

まとめ

主食である炭水化物を抜くということ。
はじめはかなり抵抗のあることではありますが、
食事に工夫を凝らすことで体重はおろか
精神にも変化がでることがあります。

それだけわたしたちの体は
食事によっていろんなことを左右されて
いるのです。

炭水化物抜きをしてわたし自身
マイナス5キロを達成しましたが、
やはりなんとなく炭水化物が恋しくなって
しまう時がありますので
かなりメンタリティーが強い方でないと
継続して行うのは大変なのかと思います。